前一覧次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Uターン漁師のゴーヘー通信】Vol.101
                           2005年9月3日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■先週のゴーヘー

○8月21日(日) <はやて>

朝3時半ふと目を覚ますと雨だれの音が聞こえた。開いていた窓を閉めて回り
もう一度床についてしばらくしたら急に雨足が強くなり強い東風を伴って窓に
叩きつけてきた。疾風(はやて)だ。慌てて雨戸を閉めて回る。今日はお休み
だなぁ、と再び床につくがもはや眠れない。

いつの間にか雨足も弱まり階下でごそごそと物音がし始めたので、着替えて降
りた。うちを出る頃にはすっかり雨は上がっていて道路は一部乾き始めていた。

すでに明るくなっていたので三河へ行った。未明の疾風(はやて)の影響が残っ
ていて東風が少し吹き波が少しあった。しばらくしたら小雨が降り出す。

魚は3クラ目までで小コチ1本、カレイ1枚。雨に降られ波に揺られてとても
じゃないが続けられない、と思っていた4クラ目にコチ3本、カレイ2枚がか
かってホッとした。5クラ目はまたカラだったがそれ以後ずっとカレイやコチ
が2つ3つずつかかった。

降ったり止んだりする雨も船を揺らす波もたいして気にもせずやっていたけど、
11時15分過ぎ、にわかに東の海と空の様子が変わってきた。こりゃ一雨来
るなぁと構えて網を上げ始めたら、強烈な風が吹きつけてきて同時に大粒の雨
がカッパを叩いた。疾風だ。

ちょっとでも手繰る手を休めると船はどんどん流されるので船をゴヘしつつ、
いつも以上のペースで網を手繰った。疾風の中網を手繰るのは初めてだったか
らちょっと怖かった。疾風は吹き始めの5分から10分間が一番ひどいから丁
度その一番激しい間を網を手繰っていたことになる。怖いのも道理だ。

ふと回りを見渡すとすでに他のカレ網は帰っていった後。うちが一番最後だっ
た。疾風もピークを過ぎどうにか無事網を手繰り終わり帰ってきた。


○8月22日(月) <降水確率80%>

起きると東風が吹き雨がパラパラしていた。西浦ならともかく三河では網など
できないと思ったけど、一応支度をして浜へ行く。いつものメンバーが防波堤
の根元にいた。いや、タ○エイ丸はすでに船が無く、どうやら西浦へ行ったよ
うだ。これから雨も風もひどくなるはずだ。なにしろ午前中の降水確率80%
だったから。

でもみんな船を出す気満々で、ここにいたのは単に明るくなるのを待っていた
だけ見たい。で、5時過ぎ雨粒がちぎれて飛んでくるように降る中を出て行っ
た。うちはしばらく迷っていたがやっぱり船を出した。

三河はやめて尾張の少しでも風影になる場所へ行く。実際は他と大した差はな
く波で船はゴロンゴロンと横揺れした。オ○エイ丸が網を揚げていたので様子
を伺うと青ガニがよくかかっていた。雨風波(あめかぜなみ)の中で網に絡まっ
たガニをはずすのは大変だけど、せっかく出てきたので覚悟を決めて網を入れ
る。上げると案の定かかっていた。今日は、銭になるのは青ガニくらいかもし
れないので丁寧にはずす。

二クラ目も青ガニが中心でハゴが3枚だけかかっていた。波も風も一層激しく
なってきたのでもはやこれまでと諦めて帰ってきた。

帰ってきてうちに戻ったらその後急に晴れてきた。風も少し弱まった。ムリし
てガマンしてた方が良かったかもしれないとちょっとだけ思った。


○8月24日(水) <バカッ高値!>

夜半過ぎは雨が降っていた。例によって起きる時刻には止んだ。今年はなぜか
雨が長続きしない。台風が近づいているからもっと風が吹いているかと思った
けどそれもなし。速度が遅いからまだ影響がないのか。

船を出して浦口を出る時いきなりペラになにか絡まった。ゴトゴトと音がする
んですぐに停止。調べたけどまだ暗くて何も見えない(苦笑)。ゴーヘー父が
モカギで探ったら網が揚がってきた。網と一緒に塩ビのパイプも。これを鋸で
半分切って後はモカギで引き割った。あたりはすっかり明るくなっていた。

出発が遅れた分スピード上げて梶島へ行く。一クラ目はカラ。2〜4クラでコ
チやカレイが数本、数枚ずつかかった。その間に北っぽが吹き出してそれが東
へ回った。直に強くなってくる。5クラ目、6クラ目がカラで風も波も強くなっ
てきたんで帰ってきた。

中ゴチが2本弱っていて心配だったが案の定どちらも昼までにダメになった。
更にもう1本ダメになり、この魚が少ない時に限ってよく死ぬと嘆く。更に追
い打ちをかけて札場の時間までにアイナメが死んだ。

更に残念なのは今日に限って「バカッ高値!」。昨日も魚が少なく明日からは
台風でお休みだから魚は今日しかないため、仲買も今日の魚が是非ほしいとい
うわけ。で、値段だが、小コチが1本千円近くし大ゴチは1本5千円くらいし
た。カレイも普段なら一セイロ6千円くらいのところが今日は1万1千円。こ
んな高値だったんで死んだ中ゴチ3本とアイナメ2本が惜しかった。生きてれ
ば7〜8千円分くらいあったかも。


■今週のゴーヘー

○8月28日(日) <エイとアイ>

梶島で4クラやってから三河へ出てきた。アイバ尻で網をやったら手のひらく
らいのエイがたくさんかかってきた。全部カレイだったら嬉しいのに。

その後は西へ移動しながらあちこちで網をやった。どこも2匹いれば大漁だ。
昼過ぎ最後の一クラと思って一色のタアカでクロダイを狙ったらアイがたくさ
んかかってきた。全部クロダイだったら嬉しいのに。アイの他にエイもかかっ
てきて刺すヤツばかりなんで、普段より5割り増しで時間がかかった。いやん
なっちゃうね〜。


○8月29日(月) <早起き>

3時15分頃起きた。今日は西浦へ行くようだ。船着き場へ行くと丁度ヒ○エ
イ丸が船に乗ったところで、他にはまだ誰もいない。

空港島南へはヒ○エイ丸と後先(あとさき)で到着。網をやっていたら後から
次々に他の船が到着。すぐにあたりは船だらけになった。ここで3クラやって
から空港島北へ移動。すぐに後を追ってくるかと思っていたヒ○エイ丸、ショ
○トク丸が来ないんで、北側は魚がいないのかもしれないと心配になる。

心配はビンゴ。4クラやって2クラもカラだ。時刻はすでに9時過ぎ。半分終
わって中小コチ数本、カレイ数枚。わざわざ西浦まで走ってきた甲斐がない。

しかたなく前島へ移動。ここの1クラ目でクロダイが15・6、ざっと5千円
分いて助かった。回りを根気よくやってカレイを15・6枚掴まえた。最後に
空港島へ渡る橋の下りで一クラやってクロダイを4枚掴まえた。

札場は一番売りでさっさと売って帰ってきたからみんなの様子はあまりわから
ないが、みんなまずまずの漁だったみたい。ヒ○エイ丸・ショ○トク丸は今日
も大漁。あの人達の網はホントによく魚がかかるねぇ。


○8月30日(火) <走ってばかり>

久しぶりに三河湾を東へ走った。東風が吹いていて向かい風のためいつもより
時間がかかる。

せっかく行ったけど5クラやってカレイを4千円分掴めただけだ。これでは油
銭にしかならない(最近油高いしね)。8時半に梶島へ戻ってきて2クラやっ
て小コチとクロダイ2枚を掴まえる。クロダイは1枚が大グロだった。これが
あと7・8枚あればなぁ。

この後アイバ尻、大洲、一色前と1クラずつやって移動。全部カラだった。ま
だ11時だったが諦めて帰る。最後に浦前の灯台を巻いて一クラやったら中ゴ
チ1本、小コチ1本。それに元気づけられクマセでもう一クラやった。小コチ
2本。大ゴチはかからず、がっくり。

今日はどうにかこうにか1万の水揚げだった。が、これではダメだ。


○8月31日(水) <カラばかり>

昨夜の天気予報では今日は一日雨模様。それを暗示するかのように昨夜8時過
ぎには雨が降り出した。ただ妙に風が強いのが気になる。

で、今朝起きてみれば雨などかけらもない。道路も乾いていた。夕べの雨はす
ぐに止んだ模様。どうやら前線の通過に伴う風雨だったようだ。今年は雨が長
続きしないね。

この魚が捕まらないのに、雨ではやってられないと夕べは話していたんだけど、
雨が降らないのであれば話は別。支度をして出かけた。行き先は久しぶりにオ
クゴオリ。

黒部での1クラめ、クロダイ6枚がかかったが次がカラだったんで、すぐに三
河へ戻った。一色前から沖へかけて網をやって行くも9クラやって5クラもカ
ラがあった。半分以上もカラがある・・・・参った。札場の時に聞いた話しだ
けど、今日うちがやった場所は昨日シンコ○丸が一日中やっていた場所らしい。
どうりでカラが多いわけだし、今日はシンコ○丸がここへ来ないわけだ。

カラでなかった4クラで大ゴチ2本、中ゴチ1本、カレイ10枚程度を掴まえ
たんでどうにか1万ちょっとの水揚げになった。一部の人を除いてみんな漁が
ないからこれでも良い方かもしれない。


○9月1日(木) <カンパチ>

今年はブリやカンパチの子がよくかかる。
昨日はブリの子が7匹かかって2匹死んだんで持って帰って刺身にしたが、氷
にしてなかったんで鮮度が落ちていてあまりうまくなかった。

で、今日はカンパチの子が1匹かかった。今日のはよく網にかかるサイズの倍
くらい、全長35センチくらいあった。死なずにいてくれたけど売ってもたぶ
ん安いんでうちで刺身で食べた。小さいから脂ののりはやや足りないけどちゃ
んとカンパチの味だ。

ただ自分の好みとしてはブリの子の方がいいかな(贅沢)。


○9月2日(金) <嫌になっちゃう>

朝苅谷沖でクロダイを狙って2クラやるも小コチ2本、カレイ1枚、ハゴ2枚。
しかたなく昨日もやった前島へ移動して3クラでコチ2本、カレイ6枚、ハゴ
3枚。時刻はすでに8時過ぎ。今日は昨日に輪をかけて不調だ。無線の声がまっ
たくしないんで他の人は掴まえているかもしれない。

しかしこの不調はまだ序の口だった。

次の3クラがカラ。それから昼までの5クラでカレイ4枚、小コチ3本、カラ
1クラ。つまり8クラやっても一クラ分しか魚がいなかった。セントレアへの
連絡橋の橋脚も巻いてみたんだけどわずかに小コチとハゴのみ。朝誰かがやっ
た後なんだろね。さすがに嫌になって帰ってきた。

夕方の札場でオ○エイ丸がシオ(カンパチの子)を3本売ったら2,200円だった。
昨日うちで食べたヤツより小さいやつばかりだったから、もし昨日売ってれば
1,500円くらいしたかもしれない。惜しかった、というか美味しかったというか
(苦笑)。


■エピローグ

リニューアル第一号は・・・・長っ!(苦笑)
以前に比べて格段に長いです。ブログに変えてから日記が長くなる傾向があっ
たのですが、今回それがはっきりとわかりました。長いです(^_^;)。

長いので少しでも読みやすくしようと先週と今週にわけてみました。いかがで
したでしょうか。ただしそれでも日記がこんなに長いんじゃ、メールとして読
むには読みづらいですよね。次回からはできるだけ短くするよう努力します。

文中、2度ほど出てきてますが今年は雨が長続きしません。降ってもすぐに止
んでしまいます。そのため漁の休みがほとんどありません。定休日以外はほぼ
毎日漁をしていることになり、例年夏枯れとなる魚の量も今年は更に輪をかけ
て少なくなっています。毎日魚が揚がるから値段も安めで推移。海にとっても
漁師にとっても毎日漁をし続けるのはよくないことです。しかし・・・。

一方海の向こうではハリケーン「カトリーナ」がアメリカ南西部に甚大な被害
をもたらしました。海面より低い土地を囲んでいた堤防が決壊して濁流が町を
飲み込んでしまったようです。被害にあって亡くなられた方々のご冥福をお祈
り申し上げます。

かつてこの地方でも伊勢湾台風で同様な出来事がありました。2000年には
東海豪雨で河川の堤防が決壊して町が水没しました。今台風14号が日本を目
指してじわりと進んでいます。再び災害が起きないよう充分に警戒し身の危険
を感じるようなことがあれば速やかに指定場所へ避難するようにしてください。


■次回予告

Vol.102 2005年9月17日(土)発行予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2001-2005 Gohe.


前一覧次