前一覧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Uターン漁師のゴーヘー通信】Vol.114&最終号 広い空と青い海
                           2006年3月4日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■広い空と青い海

今年の冬はナマコが獲れず、寒くて風が強い厳しい冬でした。地球温暖化が進
んでいるはずなのにどうして例年にない寒い冬なのかと疑問に思っている方も
大勢いらっしゃると思いますが、魚介類も獲れなくなる前年あたりに思いがけ
ない大漁があって、後年あれが最後の大漁だったなぁと年寄り達が言うことが
あります。何事も不安定になってくると上下左右の振幅が大きくなるものです
から、この厳冬は地球温暖化が一段と進んできたことの証じゃないかと思う次
第です。

地球温暖化が進んで平均気温が上昇すれば海水温もそれに応じて上昇すること
でしょう。海水温が上昇すれば今そこで暮らしている魚介類は暮らしづらくなっ
て、移動できるものは移動しできないものは適応できずに死ぬものが増えるん
じゃないでしょうか。一昨年の夏の猛暑で一斉に死んでしまったムール貝など
はその典型かもしれませんし、例年夏を越せずに死んでしまうアサリもある程
度の数あるようです。

ゴーヘー達には厳しかった冬の一方で今年の海苔は例年になく好調だったよう
です。未だに海水温も低く海苔の色も良くて愚痴をこぼしている海苔屋さは一
人もいません。寒い冬だったから漁師のすべてがダメだというわけじゃないの
は、社会の縮図を見るようで興味深いです。


さて、こうしてとりとめもないことを書いているのは、突然で恐縮ですが今回
を限りにメルマガ「ゴーヘー通信」を廃刊しようと思っているからです。今回
で最終号とさせていただきますので、ついてはこれまでのゴーヘー通信を振り
返ってみたいと思います。


ゴーヘー通信は、漁師が発行するメルマガとしては発行部数が多いメルマガで
あると思います。前号でも504部もありましたし、ピークでは560部以上ありま
した。世の中には千単位、万単位で発行するメルマガも多数ありますが、もし
「漁師が発行するメルマガ」とか「漁業に関するメルマガ」というカテゴリが
あったら、発行以来ほぼ1位だったかもしれません。これはひとえに登録して
くださった読者の皆様のおかげであり、とても嬉しく思っています。

メルマガ発行前は通販などに結びつけば良いと下心がありましたが、よくよく
考えてみれば通販に適した魚を獲っているわけではないし漁獲量も多くなく、
発行開始時点では通販は蚊帳の外。発行目的は一人でも多くの人に漁業や漁師
のことを知ってもらえたらいいなぁと単純になりました。

しかし現実はそれがネックでもありました。通販を行うわけではないし生活情
報でも健康情報でもグルメ情報でもない。エンターテイメントでもなく地域情
報でもなく仕事のノウハウでもない。メルマガとして既存のジャンルのどれに
も当てはまらなくて、しかたなく「日記」なんて中途半端なカテゴリで登録す
るはめになりました。スタート時点で早くも「多くの人」へのアプローチが絶
たれてしまったわけです(笑)。

それでもVol.3で部数が200部となり以後2年余りの間じわじわと部数が伸びて
いきました。読者の方から時々メールなどいただいては返事を書いて交流する
ことも覚え、最初の2年間は書いて伝えることが楽しくてしかたがなかった2
年間だったと思います。


こうしてメルマガ発行やメール・掲示板での交流を楽しんでいたわけですが、
丁度夏場で忙しかったせいもあってか丸3年が近づく頃から次第に心にもやも
やが積もってきました。コラムのネタ切れが見えてきて文章もマンネリ感が漂
い壁に当たったような感じでした。午前5時丁度の発行時刻が遅れるようになっ
たのが何よりもそれを物語っています。それがまた自分でよくわかるので(ち
ょっと大袈裟ですが)一層自分を追いつめていくこととなりました。

ジャーナリストや研究者でもなくましてや商売のためでもなく、ただ多くの人
に知ってもらうためだけに長年発行し続けるのは、自分のモチベーションを維
持するという点で大きな困難を伴うことなんだなぁと実感したのでした。

そしてVol.80ではついにVol.100という目標を定めて公表することとなりました。
とにかくそこまではがんばろうと。

ところが運命とは皮肉なもので、Vol.92を発行した後まぐまぐで2度目のお薦
めメルマガに選ばれて発行部数がまた100部ほど増加しました。自分としてはも
うじきに止めるつもりでいたのに新たな読者が一気に100人も増えてしまったの
で大いに困惑しました。Vol.100で止めてしまってはこの新たな読者の方々に申
し訳ない、お薦めに選んでくれたまぐまぐの担当者に申し訳ない、と思うよう
になり、Vol.100で止めずにまったりと続けてもいいんじゃないかと考え直しま
した。この頃が一番辛かったかもしれません。


これまで号外を除き常に次号の予告を行ってきましたが、前号では廃刊の予告
はあえてしませんでした。予告なしの突然の廃刊は読者を裏切るようでとても
心苦しかったのですが、終わりの予告をすると更に2週間終わりが先送りにな
るように感じて緊張の糸が切れ、逆にもう2度と発行しないような気がしてし
まったのです。格好をつけるようですが、終わる時はある日突然サラッと終わ
りたかったのです。それで当たり障りのないタイトルとしました。

でもこの「広い空と青い海」にも思い入れがあります。

メルマガは終わってしまいますが、どこまでも続く広い空も青い海も何も変わ
りません。私もこれまでと変わらずにこの先もずっと漁師を続けていきます。
自然の波にもまれ自然の中で生きて行くことでしょう。


今弥生3月は丁度卒業の時期。私ゴーヘーもメルマガを卒業いたします。
読者の皆さん、
4年4年3ヶ月もの長い間応援してくださって本当に
ありがとうございました!


■エピローグ

いつものゴーヘー通信はわりと具体的なタイトルを付けていますが、今回はや
や趣の異なるタイトルでいつもと違う何かを感じた読者の方もいらしたかもし
れませんね。

まぐまぐへは数日中にこちらで廃刊処理を致しますので、登録解除等のお手数
をおかけすることはないと存じます。

メルマガはこれで終了してしまいますが、サイトの方はこれまで通り続けて参
ります。今は書くことがないですが沖が始まればブログも再開します。メルマ
ガでは書けなかったこと・書かなかったこともサイトでは時々コラムをアップ
するかもしれません(汗)。何年かしたら気が向いてまたメルマガを再開する
やもしれません(大汗)。

「ゴーヘー通信」はサイトとしてまだまだ続けて行きますので、メルマガ読者
の皆さんもたまには覗きに来てくださいね。

それではまたどこかで会いましょう!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2001-2006 Gohe.


前一覧