前一覧次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Uターン漁師のゴーヘー通信】Vol.74 お盆
                                    2004年8月21日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■お盆

多くの子供達の夏休みはまだ10日ありますが、働く皆さんの夏休みを兼ねたお盆休みはもう終わっていることでしょう。Uターンラッシュ・帰省ラッシュで家族みんなくたくたのお盆休みだったかもしれません。

お盆とお正月はカレ網漁師にとって数少ない決まった連休です。他にお祭りのお休みがありますが、3連休以上は正月とお盆だけです。また普段でも何日か風が続いて連休になることがありますが、事前に決まっているものではないので特別予定など立てられません。それゆえ若い衆にとってお盆は非常に貴重な「夏休み」です。

しかしお盆は本来先祖の霊を迎える昔ながらの風習であり、単なる「夏休み」というものではないです。家々での先祖の霊を迎える行事の他に盆踊りなどの行事も合わせて行われるので、盆踊りなどの行事を仕切る村の青年団にとっては実に忙しい時です。せっかくの「夏休み」ですが、こういった事情により村からどこかへ旅行に出かける若い衆は少ないです。お盆は村でおとなしく、かつ忙しく過ごすのが村の若い衆の務めのようです。

かく言うゴーヘーはサラリーマン時代の習慣からお盆休みはバイクでどこかへ出かけるようにしています。Uターンして戻った時すでに青年団は卒業の年齢でしたし、うちは分家なのでまだご先祖様がいないためできることです。昨年は天候不順、今年は体調不順で遠出は控えましたが、来年はまたどこかへ行きたいです。





■今週のゴーヘー

○8月8日(日)  <旧友>

会社時代の友人が出張で名古屋にやってくるとのことで、今日のお昼に会う約束をした。それで漁は9時に切り上げ帰ってきた。


○8月10日(火)  <お湯?>

第二火曜日なのでお休みかと思ったらお盆休みがあるので休日返上らしい。それを知らなかったんで寝坊した。4時を少し回っていた。

船着き場へ行くと出港が遅い三河組もすでに出た後。こうなっては行き場がないんで三河組の後を追う。矢作川河口前から一色沖あたりで4クラやって小カレイ1枚にガマンが切れ梶島へ走る。梶島も不調だったけど三クラ目にコチ4本、カレイ5枚がかかり安堵。さらに二クラやったけど小コチ2本のみで、ここで一旦魚を活かしに港に戻った。というのも、今日はいつになく水温が高かったのでコチが死ぬのが心配だったから。

10時20分に再出港してクマセ、布土(ふっと)、古布(こう)と計4クラやったけど小コチが3本きりだった。これではあのままうちに帰った方が良かったかもしれない。

海水をバケツですくって手を突っ込むと温くて(ぬるくて)気持ち悪かった。今年になって一番暖かいかもしれない。バカ網漁師が「31度あるでな」と言っていた。魚にとってはお湯のような状態だろなぁ。


○8月11日(水)  <タイ記録>

8時、梶島での最後のクラから三河に来て11時半一色沖での最後のクラまで、連続6クラもカラが続いた。6連続カラはゴーヘーが漁師になってからタイ記録。前回は11月か12月だったと思うので時期的にしょうがないけど、かき入れ時の夏8月にこんな記録を作るなんてまったくの予想外。6つ目がカラだった時はさすがにもう精根尽き果てたという感じだった。あと1つやってたらきっと記録更新しただろなぁ。

今日の水揚げはHA丸の10分の1しかなかった。


○8月12日(木)  <新記録>

昨日大野で大漁だったからみんなそっちへ行ったようだった。うちも遅まきながら走っていったけど、空港島への連絡橋を越える前に苅谷沖で一クラやった。丁度ST丸が網を上げ終わってイワテ(北側)に走っていくところだったんで、やるだけ無駄だと思ったんだけどやってみなくちゃわからないのも事実。網を揚げたら小コチ1本だけだった。やっぱり無駄だった。

蒲池まで上り一クラやって迷い迷い下がってきて広瀬で一クラやってまたカラだった。すでに時刻は7時半。この調子ではせっかくのお盆休み前相場で儲けることができそうにない。また迷い迷い下がってきてOA丸が網を揚げていた空港島の北西の端で網をやってみた。そこでようやくコチ2本とカレイ5枚を掴まえてホッとした。

すぐに続いて東側へ網をやりそれを揚げたらなんとコチが15本、カレイが9枚もかかっていた。今月始めての大漁だ。二クラ目を揚げていたら他の船も集まってきた。みんな目と勘がいい。それから10時までの4クラをこの近辺でやって更にコチを5本、カレイを13枚掴まえた。この後少しイワテに移動し11時半まで3クラやってコチを12本、カレイを11枚掴まえた。大ゴチも2本あった。帰るにはちょっと早かったけど海水がお湯のように暖かかったんでいつコチが死んでもおかしくないから慌てて帰ってきた。

港に着いたらコチが1本死んでいたけど他は無事で夕方の札場の時も元気だった。相場はお盆休み前相場の期待が外れ昨日より安かったけど、終わってみれば二桁には届かないものの、ゴーヘーが漁師になって以来1日の水揚げ高としては新記録で、昨日までの今月分の水揚げ高にあと1万円と迫るものだった(単に今月が少なすぎるのか)。コチの数が特別多かったわけじゃないんで、相場としてはまずまずだったんだなぁ。これでよいお盆が迎えられる。


○8月16日(月)  <涼しい>

朝は肌寒いくらいだった。こんなに急に冷えてはOA丸が言うとおり魚もお盆休み。空港島の北・東・南のどこをやってもカラか小コチが1本程度。広瀬でどうにか中ゴチを3本、大ゴチを1本掴まえたが、カレイなんて3枚しか掴まらなかった。日中になっても曇っていて涼しかったのがせめてもの救いだ。しかし帰ってくる途中で雲が晴れ太陽が強く照りつけて暑くなった。

札場の相場はすこぶる良かった。例年お盆休み明けは休み前の半値状態なんだけど、今日は休み前の3割り増しな感じ。この相場で12日なみの漁だったらすごい水揚げ高になってただろうなぁ。


○8月17日(火)  <さっぱり>

今日も広瀬から大野までの間でやった。広瀬到着は一番最後。とりあえず空いてる場所で網をやる。先週うちがやった場所はHA丸が陣取っており網揚げに時間がかかっている。どうやら「当たった」らしい。その後大野に向かって走っていったのでうちも大野に向かった。HA丸は大野のシマの下り側、うちはイワテ(北)側で網をやった。HA丸はここでも網揚げに時間がかかっていたのでまた「当たった」ようだ。

うちはガゼと大アサリの貝殻が網にたくさんついていた。4クラガマンしてやったけど小コチが6本ではさすがにやってられない。蒲池で二クラやるうちに東風が強くなってきて仕方なく下がり、大谷の崖の沖で網掃除代わりに一クラやって帰ってきた。


○8月18日(水)  <少ない>

昨夜の雷雨が嘘のように朝は穏やかに晴れていた。寝坊したので西浦へは行けず、穏やかな暗い海を梶島向けて走り出した。すると途中から南西の風と波が出てきて梶島到着時にはすっかり荒れ模様。台風が九州南部を北上している影響だろう。荒れ模様の中で三クラやってカレイ4枚、小コチ1本、小本ガニ(ワタリガニ)2つだった。

これ以上やるのは無理なので尾張へ戻るとこちらは凪いでいた。が、それも最初だけでその後次第に風が強くなった。そんな中、海田から古布までの間で11時過ぎまでがんばった。クロダイ4枚と死にかけのコチの他は青ガニ(タイワンガザミ)ばかりだった。ガニは全部で25ハイくらい。

今年は例年の8月とは打って変わって水揚げが少ない。12日の大漁がなかったら例年の6割ペース、12日分を入れても例年の8割ペースだ。唯一の稼ぎ時にこんな調子では参るなぁ。


■エピローグ

8月6日に暑気に当てられて(軽い熱中症)からどうも体調が思わしくありません。夜中何度も目が覚めたり、寝ても寝てもまだ眠かったり、夕方不意に発熱したり、車の冷房が利いたり利かなかったり(これは車のせい?)、メルマガの原稿がさっぱり書けなかったり(これは自分のせい)。

今回のお題で何を書こうと思っていたのか、さっぱり思い出せません。
いつもにも増して中途半端な内容。意図不明な文章・・・・あ゛〜。
マンガ喫茶や宮部みゆきに現実逃避したり・・・・う゛ぅ。

次回もっとがんばります。

ところで、「今週のゴーヘー」は日記としてこれまでお送りしてきましたが、2週に1度の発信では日記として即時性に欠け話題がずれる傾向が気になっていました。そこでしばらくの間、サイト内に日記のコーナーを設けてできるだけ日々の日記として更新し、メルマガでは従来通り2週に一度加筆訂正しまとめてお送りすることにしました。

http://www.kareami.com/cgi-bin/scf_diary/scf_diary/

「今週のゴーヘー」は従来通りメルマガでまとめてお読み頂けますし、お時間のある方はサイトの日記コーナーへお立ちよりいただくことでもお読み頂けます。

しばらくこのスタイルでやりたいと思います。


■次回予告

Vol.75 「台風」 2004年9月4日(土)発行予定


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2001-2004 Gohe.





前一覧次


ゴーヘー通信トップ