前一覧次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Uターン漁師のゴーヘー通信】Vol.95 逃げた魚は大きい
                           2005年6月11日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■逃げた魚は大きい

「逃げた魚が大きい」ことは釣りをする方なら何度も体験していることでしょ
う。大きなアタリとグンとしなる竿・緊張する糸と気持ち。ぐぐっと引かれた
次の瞬間プツンと糸が切れしなっていた竿がむなしく空を切って戻ります。緊
張していた気持ちの糸もプツンと切れてしまいます。

悔しいのは逃げたその瞬間だけではありません。逃げた魚の話しを釣りをしな
い家族や友人に話そうものなら、疑いの眼差しでもって聞かれ悔しさに追い打
ちをかけます。「地球を釣った」とか「どうせ小さかったんだ」とか。あ〜、
もう二度と君たちには話しません!、とまで考える釣り人がいても不思議じゃ
ありません(笑)。

釣りの場合、針掛かりが浅くて(あたりに対するあわせが早い)魚が逃げたり、
テグスの太さに比べて魚が大きすぎた場合はテグスが切れて魚が逃げやすいで
すね。前者は逃げた魚が大きいかどうか異論が出るところですが、後者の場合
は何かに引っかかってテグスが切れない限り大きな魚だったと考えても大丈夫
だと思います。ただし海中に姿を確認しても海中では大きく見えるので、人に
話す時は注意が必要です(ニヤリ)。

さて、カレ網の場合はどうでしょう?

カレ網の場合、まず網目の大きさ以下の魚は当然逃げていきます。通常は網目
以下の魚はかかることがありませんが、時々網目よりはるかに細い体のキスが
かかったりするのがおもしろいです。逃げる際に口に網糸が引っかかってしま
い慌ててそのまま絡まってしまうようです。カレイだと腹の肛門付近に出っ張
りがあるのでここで引っかかったりします。

コチの場合頭の鼻面にわずかに出っ張りがあるのでここで引っかかったりして
網目より小さいヤツが網に絡まっていることも多いでが、本来スマートな体つ
きなので網目より小さいヤツは概ね逃げていきます。エラの部分が一番太い所
なので網目ギリギリの大きさのヤツでもここが網目から抜けると(泳ぐ力が強
いので)後はわりとすんなり抜けてしまいます。網を揚げていると時々「コツ
ン」と手にあたりを感じる時がありますが、そのまま網を揚げても何もかかっ
ていないことがあるので、たぶんコチが網目から抜けていったと思われます。
そんな時は「逃げられた」と思うより「逃がしてやった」と思うようにしてま
す。網目から自分で抜けていくような小さいコチなのでかかって上がってきて
もうちの場合たぶん逃がしてやりますから。

では大きなコチの場合はどうでしょう?

大きなコチは泳ぐ力が一層強くなります。網揚げの際のアタリも「コツン」で
はなく「グイグイ」と大きく引きます。釣りの場合もそうですがここで力任せ
に引っ張ってはダメです。というのも大きなコチは網目に頭を突っ込んでも網
糸が細かったり、太くても「一重被り」だと突き破ってしまうからです。特に
エラ先にあるトゲは鋭いのでここに網糸がかかるとひとたまりもありません。

ですから網揚げしてる最中にグイグイと引かれたら一旦手を休めてそぅーと網
を引き上げます。海面下の見える所まで引き上げたら網への掛かり具合を即座
に判断し絡まっていればそのまま一気に引き上げ。もし「一重被り」で網袋に
入って泳いでいる状態ならすぐにタマ(タモ網)を用意してそぅーと大ゴチを
すくいます。

しかしこちらがタマですくうまでおとなしくしている大ゴチではありません。
グイグイと網を引っ張って逃げようとします。逃げられないように手繰った網
を繰り出すのですが、海中にある網は動かないので「網と反対方向に逃げた場
合」は力が加わって網糸が切れてしまうことがあります。これはどうしようも
ありません。

またせっかくタマですくっても暴れてタマの中にうまく収まらず勢い余って網
糸を切って逃げていくヤツもいます。これが一番悔しいです。その大きさも海
から上げてちゃんと確認済みです。もう後一歩のところ、手が掛かる程近くに
持ってきながら海の中へ落ちていくのです。歯ぎしり、地団駄、罵声。何をし
ても後の祭り(泣)。大ゴチにしてみれば九死に一生を得た瞬間(苦笑)。

というわけで、カレ網では「逃げた魚は(間違いなく)大きい」でした。


■今週のゴーヘー

引き続きブログにてご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/gohe/



■エピローグ

最近首が痛くて上を向くことができません。うがいとかできないです。以前か
らの持病で万年寝違え状態なのですが、ここ数日は特にひどいです。左右を向
くのも痛いのでまさに「首が回らない」状態であります。

数日前から曇りがちで天気は下り坂。今朝から雨で本日梅雨入り宣言がありま
した。骨折とかすると雨の前に痛むと聞きます。そうか、首が痛いのは天候の
影響か、と妙に納得した次第。

「首が回らない」といえば、車の税金や保険も懐に痛かったです。こちらは天
候状態とは無関係ですが・・・(T_T)。


■次回予告

Vol.96 「潮回し」 2005年6月25日(土)発行予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2001-2005 Gohe.


前一覧次