2004年6月23日(水) 壁の穴



6号台風が去って最初の漁が終わり札場へ魚を揚げに行ったところ、市場の建物の壁が壊れているのを発見しました。台風では強いマゼが吹いていたので、南に向いたこの市場では風をもろに受けてしまったようです。そもそも古くてあちこち傷んでいた市場なので、全壊しなかっただけ良かったのかもしれません。

さて、直してくれるのはいつのことでしょう。

市場の外側(北側)。内側から押されて壊れた様子が見て取れます。壁の数が足りないようなので、多分どこかへ飛ばされたのでしょう。
内側から見たところ。いつも魚を活かしている水槽が手前にあります。
上記写真で水槽の蓋の上に乗っている発泡スチロール箱の中身は死んだアオリイカです。大きなヤツが3バイも死んでしまいました。
アジサシです。種類はちょっとわかりませんが、コアジサシよりは大きめに見えました。
ホバリングして狙いを定め中。
上の写真とは別なアジサシが海に飛び込む直前。
やはり別なアジサシが海から飛び立つところ。
船の周りでは10数羽のアジサシがエサ採りを繰り返していました。



今日のカンコのトップへ


ゴーヘー通信トップへ