2004年10月7日(木) 流木



台風21号による流木が内海(うつみ)から奥田の海岸に流れ着き、その片づけがだいぶ進んでいました。
流木は船の航行に障害となるばかりでなく、すでに始まっている海苔の養殖にも大きな被害を及ぼします。流れ着いた時は海苔枠にも海苔ソダにもまだ海苔網が張ってなかったので被害を免れましたが、片づけずに放っておくとまた海上へ流れ出すので費用がかかってもどうしても片づけなくてはなりません。
片づけには人手の他に大きな木を移動するためにどうしても重機が欠かせません。


小野浦海岸にうち上がった大きな木を一カ所に集めて陸(おか)にあげています。重機が何台か見えます。
早朝なのでカメラではかなり暗く映ってしまいますが、肉眼では明るくてよく見えました。
小野浦海岸の北にある野間の港湾に積み上がった流木。すべて港湾の中から揚げたらしいです。
右端に重機が見えるので山のおおよその高さがわかるかと思います。
夜明け直前の西の空にひょろっと伸びたくもがありました。すぐに消えて無くなりました。



今日のカンコのトップへ


ゴーヘー通信トップへ