旧自宅玄関前

1歳の頃、旧自宅玄関前にて撮影。右手玄関内に誰かいてそちらを見ている様子。この忠誠を誓ったような姿勢と表情から判断して、玄関内にいるのはおそらく母であろう(笑)。
鎖はラン丸左手後方のバッテリーに繋いであります。当時はまだひっぱる力もそれなりで、このバッテリーで充分引き留められました。その後力が強くなってバッテリーはあえなくお役ご免となりました。
後足を少し開いて座る癖は、うちにもらわれて来る前自動車に轢かれたたことが原因のよう。後年老体となったときにその後遺症から、散歩時に「後ろ足スキップ」する癖が発生。一時歩けなくなったこともあったが、回復し大往生にいたる。
1985年7月頃撮影(当時1歳)