大井言葉・漁師言葉

ここ大井は、愛知県尾張地区の知多半島先端にある南知多町にあります。
昔も今も漁業で生計を立てている世帯が多く、独特の言い回しや言葉が多
く残っています。
大井言葉は方言であり名古屋弁の影響も少なからず受けています。
漁師言葉はいわば専門用語です。
それぞれ標準語でどのような表現になるかをお楽しみください。

また、標準語からご紹介した大井言葉・漁師言葉がわかる
逆引き、大井言葉・漁師言葉」もご用意しております。こちらも
あわせてご覧ください。

参考:インフォシーク大辞林

大井言葉

大井言葉

意味(標準語)

用例

あいで あれで あいで小学生だげな
あてことする あてにする 人をあてことする
重なる 重くなる 網が
おんし お前
おんしゃぁ お前は おんしゃぁ、誰の子だ?
がれ 〜の家 純一郎がれ
かたぶく 傾く 屋根がかたぶいた
かったぐ 傾く 屋根がかったいだ
〜げな 〜だそうだ
〜らしい
あいで小学生だげな
こや これは こや、雨だな(これは雨になるな)
さかしま 逆さま さかしまについとる
しゃあく 潰す ガゼを踏んでしゃあく
〜しゃい 〜しなさい(やや命令調) やらっしゃい(やりなさい)
いかっしゃい(いきなさい)
〜せい
〜せよ
〜しなさい(命令口調) はよ、せい(早くしなさい)
〜せいとる 懸命に〜を行っている やりせいとる(懸命にやっている)
引きせいとる(懸命に引いている)
そいで
そいで?
それで
それで?
そいでどうしたの?
たあけ たわけ、ばか お前、たあけかぁ!(喧嘩中)
〜だがや 〜だな 雨だがや
つかめる
つかめた
捕まえる
捕まえた
カレイをつかめる
ど〜 形容詞の先頭につけて強調する どえらい雨(とてもひどい雨)
どぎたねぇ(とても汚い)
どいで?
どいでぇ?
どうして? どいで行くの?
〜とる 〜ている 付いとる(付いている)
ささっとる(刺さっている)
とらめる
とらめた
捕まえる
捕まえた
カレイをとらめた
てっくらがる 転げ落ちる 階段からてっくらがった
てっくりがえる ひっくり返る 仰向けにてっくりがえった
てまえ お前(やや蔑んだ言い方) てまえは何様だ!
どんぼち くぼみ
(深くて大きめのくぼみ)
どんぼちに水がたまった
鼻っちょ 先端 堤防の鼻っちょ(堤防の先端)
はい(早い) もう はい行った?(もう行ったの?)
はよ(早よ) 早い 朝はよから雨だった
踏みしゃく 踏んで潰す ガゼを踏みしゃく
ほいじゃ それでは ほいじゃ、よかったな
ほいで
ほいで?
それで
それで?
ほいでどうしたの?
ほうかる(放下る) 投げる 籠をほうかれ(籠を投げろ)
まんだ まだ まんだ起きとる?
山のようになった
山になった
山盛りになった ガゼで網が山になった

上に戻る

漁師言葉

漁師言葉

意味(標準語)

用例

あいば尻 吉田町吉良吉田の沖合い
あおさ 緑藻類アオサ目アオサ属の海藻の総称
(大辞林より)
あば(網端) 魚網につける浮き(大辞林より) あばが強い(浮きが多い)
網をすく 網を編むこと、繕うこと 網をすいて一人前だ
あんばり(網針) 網結針(あみすきばり)。
網を編むときに使用する扁平な舟形の針
あんばりを持って来い
いわて 北側 いわてへいってみる
浦前 大井漁港の入り口付近 浦前に戻る
海が白なっとる 海全体に白波がたっている様子 どえらい風で海が白なっとる
大黒 大きな黒鯛、4・5年もの以上
海岸から離れる方向、沖合い
沖へ行く
沖へ出る
@漁に出る
A海岸から離れること
@明日は沖へ行くぞ
Aたあかから沖に出た
おくごおり 渥美半島に福江から江比間付近の沖合い
かくだて
(さしあげ)
定置網
ガゼ ウニの古名 ガゼで網が重なった
かれ網 カレイを専門で獲る網とそれを行う船・人もさす かれ網の船
(カレイを専門で獲る船)
かんこ 船倉、特に魚を生かす船倉を指す場合が多い かんこのひ(栓)を抜く
北っぽ 北よりの風 北っぽが吹いてきた
ギマ カワハギの総称、特に小さいもの
くだる(さがる) 南へ行く いわてからくだってきた
くだり 南側 かくだてのくだり
くり 漁の回数を表す単位 1くり、2くり
ごすたん 船を後退させる ごすたん!
コチ カサゴ目コチ科コチ、体長60cmにおよぶ 大ゴチ
ごっち 底引き網ならびにその漁法・漁船・人を指す  
ごへ
ごへー
ごーへー
船を前進させる ごへー、せよ
(前進しろ、「よ」にアクセント))
さがる(くだる) 南へ行く いわてからさがってきた
さしあげ
(かくだて)
定置網  
下波 うねり 今日は下波がえらい(大きい)
しまける 水面にさざ波がたつ ちょっとしまけてきたなぁ
せいろ 長方形の浅い籠、トロ箱 せいろに一杯の魚
ゼンボ ブジツボ
たあか 海岸側 たあかに上がる
たが縄 魚網にあばをつけるロープ たが縄が切れた
建て網 海に垂直に網を入れる漁法と
その網自体をさす。定置網も立て網の一種
建て網の船
(建て網で漁を行う漁船)
建てこみ 網を海に入れて数時間後に上げる漁法 建てこみ(の網)を籠に1杯船に積んだ
段ぶち(段縁) 海底の段の縁 段ぶちに魚がおった
つかわ瀬 大井の沖合いにある瀬
伝馬(てんま)
伝馬船(てんません)
全長5・6m程度の船、動力は船外機 伝馬に乗る
西浦 知多半島西側の海域、特に内海より北をさす
ハゴ 黒鯛の子、2年物くらいまで ハゴ10枚
かんこのひを抜く
へいじ
へいじがめ
蛸漁を行うための蛸つぼ この浮けはへいじだな
(この目印の浮きはへいじの浮きだな)
ほうべ 大井の沖合いの海、つかわ瀬の近く
ぼんでん 魚網を海中に入れたときの
目印となる浮き付きの旗ざお
ぼんでんばっかだがや
(海中に網がいっぱい、の意)
まぜ 南風 まぜが吹いてきた
魚網につける錘。鉛製。 やが重い(錘がおもい)
やまて 漁場の目印。
主に山の稜線や建物など
やまてが違う

上に戻る